gallery TEO

JapaneseEnglish
 
March,21 ? April,19 2008
Natsuko Taniguchi 谷口ナツコ

谷口ナツコ(1968生まれ) の作品に登場するのは小さな女の子、現実のあそびと空想のあそびを繰り返しています。
彼女たちは、大人になることからも少女であることからも逃避し、彼女たちの身体についている「何でもない穴」を白昼に放り出して、「何でもないもの」としてただ、そこに存在しています。

作品は、木工パネルに下地を作り、筆で下地を描いてから、トレーシングペーパーを円錐状に丸めたものにアクリル絵具を入れて、全ての線や点をつぶつぶに絞り出して描かれます。
アクリル絵具の他、ラメ入りや蛍光色、透明ゲルや仕上げのニスなどを使い、「全ての点がきらきらと光り、ちかちかとして目が眩むような美しい絵に なるように、、、」とわたしたちには気の遠くなるような作業をひたすら続けながら、それは数メートルもの大作になります。

「絵に光があたり、全ての線、点、色が浮 き上がり、そのひとつひとつがきらきらと 輝いてるのを見る時、これはこれはもう嬉しくてなりません」作家は言います。
幼児性愛などが主題になっているその作品たちは、強烈なショックを私たちにあたえながらも、キラキラと昇華していきます。ぜひご高覧ください。

一覧に戻る